カテゴリ:できること( 2 )

いっしょに。


せつでんのおはなしです。d0179292_21515793.jpg

被災地の復興のためにはじめた節電。

でもこれはまさにわたしたち自身のため。


いま。

みんながつづけてがんばって

そしてそれがふつうになって

原子力にたよらなくても

だいじょうぶなんだよって

証明できるチャンスなのかも。



いままで無理だと思っていたけれど

みんなでやれば

もしかしたらできるかもしれない。

て思った。


せつでんするだけ。

それだけで

おおきな声となってチカラとなって

届くはずです。

きっと。


だいじょうぶ。

あんしんあんぜんで

にこにこな毎日は

きっと手に入れられるはず。



つづけましょう。





つづけるせつでん。
2011年4月25日 “ ひびのこと ”

 












たくさんの尊い命。
突然家族がいなくなり
ごはんがもらえなくなり
本日「殺処分」とゆう形で失われました。
帰らぬひとを待ち続けながら
彼らはなにを思ったのでしょう。

行きたくても行けなかった人間も
自分を責めつづけてしまう。
わたしも同じ。
心がつぶされそうになっています。

なにも知らずに
天国へゆく動物たちへ
ごめんねなにもできなくて。
あなたたちが次に生まれてくるときは
きっと・・・いやぜったいに
しあわせにすごせるように
がんばる。がんばってみるから。

ぽかぽかのおひさま。
おいしい水ときもちの良い風。
青い空。白い雲。
とうめいな雨。
はる。なつ。あき。ふゆ。があって
ちゃんとした生活。

約束します。






2011年 4月25日

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .










追記。

d0179292_1251645.jpgこんどの日曜日
・・・・・・・
こんなのみつけました。
みつけた、とゆうよりも
ひとからひとへ手渡されて
つながってつながって
今朝わたしのところへやってきたのです。
いろいろな意見があると思うけれど
よくわかんないや!て人たちのために
すっごーくわかりやすく書いてあります。
知っているつもりでも
もしかするとまちがっているかも?
なにはさておき
読んでみませんか?


みんなで投票へ行こう!


今度の選挙の結果で
わたしたちが
この国が
世界が
地球が
どこへむかってしまうのか
決まってしまいます。

時間がありません。
いま
いっしょに考えてみませんか?



投票日は
2012年12月16日


当日は用事があって選挙に参加出来ない方
期日前投票もできます。









注意!
日本政治.comの「投票マッチング」
これ。
結果はキチンと出ますが
「考えの近い議員」のところ
3〜4人出るのですが
2人目以降に反対の政党が出ました。
危険かも〜!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





終了いたしました!

現在
2030年の原発依存率に関する皆さんのご意見(パブリックコメント)を
政府が求めています。
今のところ、この問題について、だれでも意見を言える
唯一の場です。
締切は8月12日 18時。

知らなかった!と後悔しないために。

パブコメはこちらからどうぞ↓

http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120702/20120702.pdf


原発ゼロの未来をつくる。国民的議論の場 NO NUKES
Face book は コチラ








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








あたりちゃんの帽子屋さん
・・・・・・・・・・・・ 
いらっしゃいませ!
あたりちゃんの帽子屋さん へお越しのかたはコチラへどうぞ。










  










































 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .






  

 

 





 
[PR]
by ataribou | 2011-06-17 12:22 | できること

つづけるせつでん。


被災地の復興のために、私たちができること  

私たちの一人ひとりの節電努力が、

被災地が必要とするエネルギーを創ります。




2011年3月11日に発生した、東北地方太平洋沖地震による甚大な損害は
私たちがこれまでに経験したことがない災害です。被災地域に暮らしている方々
救助活動や復興活動に尽力されている方々を支援するために
私たちができることのひとつが「節電」です。

未曾有の大地震による、電力施設への被害発生により、私たちの日本は電力が不足しています。
特に、被災地域においては、電力の確保は、救援活動や復興活動にとっては極めて重要な問題です。
政府及び東京電力は、3月14日から「計画停電」の実施をアナウンスしています。
計画停電は、電力需要が現状の電力供給能力を上回ってしまった場合に実施される手段であり、
電力需要を抑制するためには、鉄道、工場、大型商業施設などの社会全体での節電努力、
そして、一般家庭での節電努力が必要です。

いま一番大切なことは、まず被災地が必要とするエネルギーを確保することです。
そして、そのためには、私たち一人ひとりが「節電」を心掛け、続けていくことが重要です。
電気は、水道やガスの供給にも必要とされるエネルギーであり、
被災地での救援活動や復興活動に必要なライフラインの確保のためにも、
私たち一人ひとりの節電努力が必要です。



 外出の際、あるいは、使っていない電気製品のプラグはコンセントから抜きましょう。
 機器によってはプラグを挿し込んでいるだけで、待機電力を消費してしまう場合があります。

 昼間は、なるべく必要最低限の照明で過ごしましょう。
 オフィスでは、昼休みの消灯や、通路のなどの照明の間引きも節電になります。

 暖房機器を必要とする季節は、
 朝の時間帯や18:00~19:00の時間帯が電力消費のピークタイムとなります。
 電子レンジ、洗濯機、炊飯器などの消費電力の高い機器は、ピークタイムをずらして使用しましょう。

 冷蔵庫にはものを詰め込み過ぎないようにしましょう。
 また、電気炊飯器の保温時間を減らすのも節電に有効です。

 屋内では、温かい格好をして、カーテンを閉める(断熱効果があります)などして、
 エアコンやストーブなどの暖房機器を使う時間を 減らしましょう。

 テレビよりもラジオのほうが消費電力が小さくてすみます。


 

電気を大切に使うことで、被災地を励ますことができます。
私たち一人ひとりの節電努力が、被災地が必要とするエネルギーを創り出します。
物資援助やボランティアなどの人的支援も必要ですが、被災地側の受け入れ態勢も充分ではない今、
私たちが、いまそれぞれの暮らしのなかでできるアクションが「節電」です。
私たちが日々の暮らしのなかで、節電に努力し、続けていくことは、確実に、被災地のチカラになります。 

現在、節電が必要とされているのは、
東日本エリア(東京電力、東北電力、及び、北海道電力の管轄内)です。
東日本と西日本では、周波数が異なることから東日本に周波数を変換して送電できる容量に上限があります。
このため、東京電力、東北電力、北海道電力の管轄外で節電しても被災地のためにという意味では効果は生まれません。
それでも、電力以外にも燃料が足りないという状況もあり、日本全国で節電・節約していたくことはとても大事なことです。
そして、「電力消費量を自分たちの意思で減らすことができる」ことを
未来に向けて実証・伝えていくためには大きな役に立つと思います!

あなたも「節電メッセンジャー」になりましょう!

ご自身の団体で、また、個人でもホームページなどをお持ちの方で、この趣旨に賛同いただける方は、是非、メッセンジャーになっていただけないでしょうか?このメッセージを拡散していただければと思います。メッセージのテキストはフリーでお使いいただけます。
ご賛同いただけるのであれば、このメッセージを「コピペ」して使ってください。

http://www.sotokoto.net/setsuden/







d0179292_23184667.jpgためしてみましょう!
・・・・・・・・・・
早寝早起き。
寒い日には湯たんぽに膝掛け。
暑い日には児童館や図書館や博物館へゴー。
夏はゴーヤやヘチマやフウセンカズラなどのグリーンカーテンを!
月いちキャンドルナイト。
汲み置きの水で子供プール♪
土鍋や圧力鍋に挑戦。土鍋でゴハン。


2011年4月20日 “ ひびのこと ”

 








. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .






あたりちゃんの帽子屋さん
・・・・・・・・・・・・ 
あたりちゃんの帽子屋さん へお越しのかたは
カテゴリより「あたりちゃんの帽子」へおすすみください。





いまできること。





  










































 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .






  

 

 





 
[PR]
by ataribou | 2011-06-17 12:19 | できること